梵鐘(ぼんしょう)

梵鐘

種別:市指定文化財 工芸品
員数:1口
年代:江戸時代
所在地:白瀬町
管理者:曹洞宗 豊財院
指定:昭和46年3月11日

総高約130㎝、口径約70㎝。明和3年(1766)の鋳造銘(ちゅうぞうめい)と自見比丘尼(じけんびくに)、真了比丘尼(しんりょうびくに)の二人の尼僧の願主銘がある。
伝説では本妻と妾が夫の菩提(ぼだい)を弔うため協力して諸国を勧進し、江戸から曳(ひ)いてきたものと伝える。