木造馬頭観音立像(もくぞうばとうかんのんりゅうぞう)

木造馬頭観音立像

種別:国指定重要文化財 彫刻
員数:1躯
年代:平安時代
所在地:白瀬町
管理者:曹洞宗 豊財院
指定:昭和25年8月29日

豊財院(ぶざいいん)の3観音のうちこの馬頭観音は、頭頂に馬頭を頂き、忿怒(ふんぬ)面を持つことで特徴のある像で、観世音寺(かんぜおんじ・福岡県)の馬頭観音像とともに稀有(けう)のものとして注目されている。
本像は像高173.7cm、桧(ひのき)の一木(いちぼく)造り、彫眼、白毫(びゃくごう)水晶、宝冠の正面に馬頭を彫り出し、左右の耳の後ろに忿怒面を彫り、髪はまばら彫りである。平安時代前期の作と考えられる。