木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

buzaiinjuichimenkannonryuzo

種別:国指定重要文化財 彫刻
員数:1躯
年代:平安時代
所在地:白瀬町
管理者:曹洞宗 豊財院
指定:昭和25年8月29日

豊財院(ぶざいいん)三観音のうちの一体。
本像は像高167.5cm、桧(ひのき)の一木(いちぼく)造りで彫眼、白毫(びゃくごう)水晶、地髪の上に十一面の化仏(けぶつ)を配し、天冠台を彫り出し、天冠台地髪はまばら彫りである。
聖観音(しょうかんのん)・馬頭観音(ばとうかんのん)とともに、表現に剛中柔和が加味された優作である。さらに素朴さが加わって一層親近感がある。