紙本著色伝・平戸善六肖像画 附のと古水試亳
(しほんちゃくしょくでん・ひらとぜんろくしょうぞうが つけたりのとこすいしごう)

紙本著色伝・平戸善六肖像画 附のと古水試亳

種別:市指定文化財 絵画
員数:1幅
年代:江戸時代
所有者:個人
指定:昭和58年12月1日

肖像画 縦112㎝、横39㎝、額装
試  毫 縦30.5㎝、横38㎝、掛幅装
肖像画は気多神社の宮大工・平戸善六の肩衣半袴(かたぎぬはんばかま)姿を写したものと伝える。職人の肖像画は珍しい。善六は発句をもよくし古水と称した。元禄5年(1692)に加賀の俳人句空(くくう)が選録して白山比咩(はくさんひめ)神社へ奉納した『柞原集(ははそはらしゅう)』には「水仙の花切る人や桧笠」など3句を集録。
試毫は元禄3年富士登山の際の発句。