十一面観音菩薩坐像(じゅういちめんかんのんぼさつざぞう)

十一面観音菩薩坐像

種別:市指定文化財 彫刻
員数:1躯
年代:鎌倉時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:平成12年8月30日

永光寺(ようこうじ)開山の瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)の母の形見として伝えられている、秘仏。
本像は、像高5.7㎝、桧材一木(ひのきざいいちぼく)造り、全身金泥(きんでい)塗で、着衣部は金泥の上から切金(きりがね)で仕上げている。扉内面に風神・雷神二十八部衆を描いた厨子(ずし)に納められている。