鎌倉彫獅子牡丹文香合(かまくらぼりししぼたんもんこうごう)

鎌倉彫獅子牡丹文香合

種別:市指定文化財 工芸品
員数:1合
年代:南北朝時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:昭和52年6月16日

欅(けやき)材。蓋(ふた)の表面に躍動する唐獅子(からじし)2頭と牡丹(ぼたん)の花葉を彫刻し、黒漆をかけた上へ朱漆を塗り研磨する。大柄で雄勁(ゆうけい)な文様で南北朝期と推定される。
外径25.7㎝、高さ6.6㎝、かぶせ蓋。