紙本淡彩河鍋曉斎筆山岡鉄舟像(しほんたんさいかわなべきょうさいひつやまおかてっしゅうぞう)

紙本淡彩河鍋曉斎筆山岡鉄舟像

種別:市指定文化財 絵画
員数:1幅
年代:明治時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:昭和38年10月16日

曉斎は下総(しもふさ)(千葉県)の人。天保2年(1831)~明治22年(1889)。瓢逸簡狂(ひょういつかんきょう)の筆をもって浮世絵、戯画、額絵、行灯(あんどん)絵等をこなし、自ら「狂斎」とも号した。
本肖像画は狩野派の写実性を見事に具現した秀作で、讃(さん)は山岡鉄舟。永光寺再興に尽した第510世弧峯白巌(こほうはくがん)禅師と剣豪鉄舟、奇才曉斎との交友関係を知る歴史資料としても貴重である。