木造瑩山紹瑾坐像(もくぞうけいざんじょうきんざぞう)

木造瑩山紹瑾坐像

種別:県指定文化財 彫刻
員数:1躯
年代:南北朝時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:平成5年8月25日

瑩山紹瑾は、正和元年(1312)永光寺(ようこうじ)を開山し、次いで総持寺(そうじじ)を開いた曹洞宗の太祖(たいそ)である。
本像は像高115㎝、寄木(よせぎ)造り、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、朱漆彩色が施してある。面貌は一見おだやかな顔だちだが、眼光が鋭く、口辺に意志の強さがうかがえ、個性が生き生き伝わってくる。特に左耳の後の小さなイボの表現など写実に徹している。形式的に南北朝時代の作であろう。伝燈院(でんとういん)祖堂に安置されている。