木造広目天立像(もくぞうこうもくてんりゅうぞう)

木造広目天立像

種別:市指定文化財 彫刻
員数:1躯
年代:鎌倉時代
所在地:白瀬町
管理者:曹洞宗 豊財院
指定:昭和36年11月1日

本像は増長天(ぞうちょうてん)と同様、像高101㎝、一木(いちぼく)造りで彫眼、彩色が施されている。装具、衣文(えもん)など増長天と同じ技法からして、同時期の同一の仏師による造像とみられる。
左腕、右膝前、右足先が後補で持物が亡失していることもあり、像容にやや不自然さもあるので後補がどこまで原像に忠実であったかに少し不安が残る。このニ天に、持国天(じこくてん)、多聞天(たもんてん)を加えて仏世界の守護神四天王という。