妙成寺二王門(みょうじょうじにおうもん)

myojojiniomon

種別:国指定重要文化財 建造物
員数:1棟
年代:江戸時代
所在地:滝谷町
管理者:日蓮宗 妙成寺
指定:昭和25年8月29日

建物は3間一戸の楼門で、屋根は入母屋(いりもや)造り、棧瓦葺(さんがわらぶき)であるがもとは柿葺(こけらぶき)であった。正面中央間を通路とし両脇間に透連子窓(すかしれんじまど)を設けて二王を安置する。
建立の年代については、寺蔵の『御見分下調文書』に「仁王門之分一、仁王門之像二躰、但し寛永二年(1625)御建立、元文五年(1740)御修復」とあり、『妙成寺諸堂絵図控』にも「寛永二年楼門建立」とある。