大町の夫婦石まつり(おおまちのめおといしまつり)

大町の夫婦石まつり

種別:市指定無形民俗文化財
所在地:大町
管理者:大町町会
指定:平成3年2月13日

大町の俗称大峯に、夫婦石と呼ばれる巨大な霊石がある。伝承によると、その昔、炎天が続き稲が枯死寸前になったので、この夫婦石に山海の幸と共に、信州の戸隠山(とがくしさん)よりいただいてきた水をお供えし、護摩(ごま)を焚(た)き祈祷(きとう)をしたところ、7日目の8月25日に大雨が降ったという。
それ以来、その日に町会長が司祭者となり、神に感謝するとともに豊作を祈願する。雨乞いの神事である。