利生塔跡(りしょうとうあと)

利生塔跡

種別:市指定史跡
面積:約18㎡
年代:南北朝時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:昭和36年11月1日

足利尊氏、直義が南北朝争乱の戦死者の追善と国家安穏の祈祷(きとう)場として60余州に1寺1塔を建て、安国寺(あんこくじ)、利生塔と称した。
本遺跡は永光寺客殿裏の急斜面の削平地にあり、13個の礎石が遺存することから、柱間約4m、三重塔跡と推定される。