刺繍桐楓文袈裟下包(ししゅうきりかえでもんけさしたづつみ)

刺繍桐楓文袈裟下包

種別:市指定文化財 工芸品
員数:1枚
年代:室町時代
所在地:酒井町
管理者:曹洞宗 永光寺
指定:昭和38年10月16日

絹製、縦62㎝、横72㎝の袈裟を包む布。
表は淡い紅地に紅・萌黄(もえぎ)・緑・茶・金糸で桐・楓文を刺繍し、裏地に2枚のあしぎぬを縫い合わせてある。
天文21年(1552)の墨書銘があり、室町時代の刺繍技法研究上の貴重な遺品である。