絹本著色春庸宗恕像(けんぽんちゃくしょくしゅんようそうじょぞう)

絹本著色春庸宗恕像

種別:重要美術品 絵画
員数:1幅
年代:室町時代
所有者:個人

掛軸装。縦105㎝、横49.5㎝。
京都南禅寺(なんぜんじ)54世の座主春庸宗恕が、曲ろくに柱杖(しゅじょう)を寄せかけ、法衣に袈裟(けさ)を着けた正装で、右手に払子(ほっす)を執り、わずかに左斜面して座る。画面の上方に讃(さん)を墨書し、その末尾には「大永丁亥(ひのとい)(1527)六月日前南禅寺 春庸宗恕」とある。
竹箆(しっぺい)に代えて払子を執る室町中期以降の頂相画(ちんそうが)の特色を表している。