柳田山伏山古墳(やないだやまぶしやまこふん)

柳田山伏山古墳

種別:市指定史跡
員数:1基
年代:古墳時代
所有者:個人
指定:昭和50年8月8日

柳田町背後丘陵の先端に構築された全長約49mの前方後円墳である。
昭和46年の調査によると、内部は片袖(かたそで)形式の横穴式石室で羨道部(せんどうぶ)をもつ。かつて盗掘が行われ、天井部を欠く。
石室の全長は7.16mで、副葬品はすべて玄室内からのもので、盗掘後の残りとはいえ、武具、馬具、装身具、土器などが比較的多かった。
構築年代は6世紀前葉に比定される。