野村 直吉(のむら なおきち)

野村直吉

慶応3年(1867)9月7日、羽咋郡一ノ宮村(現羽咋市一ノ宮町)、西東勘右衛門・きよ夫婦の二男に生まれる。生家の屋号は「カンジャ」、父も長兄も北前船の船頭。学歴は不明だが、当時函館在住の実兄のもとで船乗りをしていたようである。
明治36年(1903)勉学のため上京。明治37年(1904)徴兵を受け、同37年・38年の日露戦争で御用船に乗組み、その功労により勳六等瑞宝章を受ける。独学により、明治42年(1909)5月甲種船長試験に合格。
明治43年(1910)6月、白瀬矗南極探検隊に応募して船長となり、自らも南極探検実現のため準備に奔走する。明治43年(1910)11月東京芝浦港出航、204トンの木造機帆船・開南丸を操り、今も鬼門に等しい南極圏に至る南緯40度、50度、60度の暴風圏を突破し、明治45年(1912)6月無事帰還。
生還後は、その腕を評価されたようで、遠洋航路の船長を歴任した。大正11年(1921)6月、病気のため汽船会社を退職。降船後は会社を設立し、築湾関係の仕事や埋没金などの宝捜しを試みたようだが、結実しなかった。昭和8年(1933)、東京の自宅で病気のため没した。享年67歳。

 

年号 西暦 できごと
慶応3 1867 9. 7 羽咋郡一ノ宮村字一宮子ノ75番地に直吉生まれる
明治27 1894 4.18 兄勘吉らと滝屋神社に絵馬奉納(西村屋・国宝丸)
明治29 1896 12.10 塩谷はつと結婚
明治36 1903 11.11 勉学のため上京(36才。この頃までに青森の野村金史と知り合う?)
明治37 1904 5.16 徴兵、青森に帰ってから軍務に就く
11.27 陸軍輸送船「須磨浦丸」の2等運転士ほか御用船にて従軍か(軍功により、直吉は勳六等瑞宝章、勘吉は金鵄勲章)
明治42 1909 4.27 長崎の高等商船養成所で日本海掖会入会
4.28~ 高等商船養成所に通う
5.21 甲種船長試験合格
明治43 1910 6. 3 萬朝報新聞にて白瀬中尉の南極探検計画を知る
6.23 白瀬中尉と面会し、探検参加を申し入れる(43才)
11.29 南極探検へ出航
明治44 1911 5. 1 南極上陸を断念してシドニーへ入港
5.17~10.18 再征資金調達のため多田書記長と一時帰国
11.19 再挑戦のためシドニー出港
明治45 1912 1.28 白瀬隊長ら、大和雪原に日章旗をたてる。開南丸は沿岸調査を実施
2. 4 南極鯨湾出港
6.20 芝浦港へ帰還
大正元 1912 8.27 塩谷はつと離婚成立
大正7 1918 9.17 南洋汽船会社に入社
大正8 1919 2.16 相沢汽船へ入社
4. 1 航海中、急病のため愛媛県松山赤十字病院に収容される (5.12退院、帰京)
大正11 1921 6 月 相沢汽船退職(54才)
昭和6 1929 出世社を興す
昭和7 1932 5.25 発病(糖尿病?)。瀬田鶴吉宅、田中先達宅で療養
昭和8 1933 10.17 東京都足立区千住本町にて死去